節税対策!

ツーブロです!



新日本地所の!



しっかし増税増税で嫌になりますね。



自民、公明両党は、所得税相続税率を2015年1月から引き上げることで合意した。



富裕層への課税拡大は、消費税増税の際、低・中所得者の負担が重くなり、



不公平感が広がるおそれがあるための措置で、所得税最高税率は現行の



40%から45%に、相続税最高税率も現行の50%から55%にそれぞれ引き上げる方向。



一方、消費税増税にともなう軽減税率導入については、公明党が8%への引き



上げ段階から導入を主張しているのに対し、自民党が難色を示して、結論は持



ち越された。



らしいです。



稼げば稼ぐほど、税金はかかるもんですが、



我々のご紹介しているマンション経営ではその税金の一部を節税できてしまうのです。




会社員の皆様は、普段お給料のなかから、自然と住民税と所得税をお支払い



になられているとおもいますが、その一部がもどってくるということです。



ではどうやって??



もうすぐ確定申告の時期でありますが、その確定申告をするんです。



マンション経営は、様々な経費を計上することが、認められております。



例えば、マンション自体の減価償却費や、マンション借入金の利息部分、



そして、固定資産税、不動産取得税などです。




詳しく書き出すとキリが無いので、詳しくお知りになりたい方は、是非一度



弊社のプランニングを受けてみてください。



まとめますと、



マンション経営は節税をしながら、効率よく資産形成が出来る!



ということです^^



以上!