双子の息子達に「一升餅」を背負わせたら重すぎて泣いた

あけましておめでとうございます。

 

新日本地所のテです。

 

年末のお話しですが、双子の息子達が一歳の誕生日を迎え、

 

遠方より、祖父母も駆けつけて、皆でお祝いをさせていただきました。

 

一歳なので 「一升餅」 を背負わせての一枚 ↓↓

 

 

手前が弟ですが、お餅が重くて大泣きしています・・・(笑)

 

年明けには兄の方が立って歩けるようになり、日々子供の成長を楽しみに生活しています。

 

家族以外でも、私の周りで最近嬉しい出来事がたくさん起こっています。

 

結婚、出産、マイホーム、昇給などなど・・・

 

この良い流れにのって、仕事の方も頑張っていきます!!

 

皆さま、本年もよろしくお願いいたします!

 

 

 

一升餅(一生餅)とは、一升分のお米(約1.8kg)を使って作るお餅で、
実際は蒸してお餅をつく為、約2kgぐらいの重さのお餅になります。
このお餅で、一歳の誕生日を迎えたお子様を祝うことから、
最近では、一升餅はお餅だけでなく、
一歳のお祝い方法のことも一升餅誕生餅踏み餅と言います。
 
一歳のお誕生日である「一升餅のお祝い」は、
一升餅の一升(いっしょう)と、
お子様のこれからの人生=一生(いっしょう)を掛け
  • 一生食べ物に困らないように
  • これからの一生が健やかになるように
との願いを込めて、お子様の一歳までの成長を祝うとともに
行われるお祝いです。
また、丸い形から、円満な人生を送れるようにとの
意味も込められています。